◆学校紹介 概要
倉敷鷲羽高等学校のホームページへようこそ
 
校長  寺岡 直樹

 岡山県立倉敷鷲羽高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。  
 本校は、児島地域の高校教育を一層充実させるとともに、その気概を広く社会に示そうと、校名にはこの地のランドマークから「鷲羽」を付し、全国唯一の学科「未来創造科」を設置して、平成17年に開校いたしました。校章は、海を渡る力強い鷲をイメージしたものです。瀬戸大橋と海に臨む良い環境に育まれ、その枠を飛び出すほどの大きな翼は、成長し社会へ巣立つ生徒を象徴しています。
 本校は開校以来、「実社会と積極的な関わりを求めた教育」を目指し、生徒一人ひとりの個性を最大限伸張するとともに、それぞれが自分の将来の生き方を見つけることができるよう、教育活動を展開してまいりました。この間、地域の皆様、本校の前身である県立児島高等学校や県立琴浦高等学校の卒業生の皆様からインターンシップの受け入れなど、絶大な御支援・御協力を賜りながら、その充実を図ってまいりました。今春には第十一期生も立派に卒業していきました。

 本年度の学校経営目標は、「学べ、進め、未来をつかめ!」を合い言葉に、以下を3つの柱として取り組みを進めていきます。

  ◎学ぶ意欲を持つ生徒の育成
  ◎将来へ前向きに進む生徒の育成
  ◎心に潤いのある生徒の育成

 具体的には、
 1つめの目標「学ぶ意欲を持つ生徒の育成」のために、基礎学力の定着、学習習慣の確立、考え表現する授業の研究と実践に取り組みます。
 2つめの目標「将来へ前向きに進む生徒の育成」のために、生徒主導の活動の推進、入試制度の研究と対策、総合的な学習の時間と未来創造学の充実に取り組みます。
 3つめの目標「心に潤いのある生徒の育成」のために、人権意識の高揚、コミュニケーション能力の育成、自他を理解し協働する力の育成に取り組みます。

 しかしながら、生徒、教職員だけでは限界があります。本校卒業の同窓生の皆様はもちろん、地元地域の皆様、県立児島高等学校や県立琴浦高等学校出身の先輩の皆様、さらには保護者や御家族の皆様の御協力なくしては、本校の更なる発展は考えられません。どうか、本校の教育方針に御理解を賜り、私ども教職員とともに生徒一人ひとりの成長、飛躍のために、一層の御支援・御協力を賜りますよう、重ねてお願い申し上げます。
 
概 要
     
学校名 岡山県立倉敷鷲羽高等学校
所在地 〒711−0915
岡山県倉敷市児島味野山田町2301番地
(旧 岡山県立児島高等学校の校地)
開 校 平成17年4月
課 程 全日制 単位制
  学 科 未来創造科 
学校規模 1年・2年 各6クラス  3年 7クラス   全19クラス
学 区 全県学区
倉敷鷲羽高校は・・・
     
一. 自然環境が自慢
堤の桜 鷲羽連山の新緑
小鳥のさえずり 瀬戸内海の大パノラマ
全国に誇る最高の学びの場

二. 地域に信頼される学校
「中学生 小学生の見本となれ!」が合言葉
地域の拠点校になることが使命

三. 児島高校と琴浦高校の歴史と良き伝統の継承
普通科と商業科の利点を取り入れた未来創造科

四. 一人ひとりの進路を実現
進路に対するモチベーションの高揚を重視
ガイダンスや進路カウンセリングの徹底
教科指導の充実
進学も就職も細やかに応援

五. 意欲あふれる教師の集団
熱い思いで導き支援
幅広い専門性と特技を発揮